FX 初心者は経費を把握する

FX 初心者は、利益を出した場合、税金を納めなければならないということを把握しておく必要があります。税金は、利益の20パーセントと決められており、兼業投資家か専業投資家によっても、税金を支払わなければならないポイントは変わってきます。

また、FX 初心者が税金を支払う際に覚えておきたいのが、FXには経費として認められるものがあるという点です。上手く経費として計上することができれば、税金をおさえることができますので、これは覚えておきたいところです。FXの経費として認められるものはたくさんあって、例えば、プロバイダ料金なども認められています。しかし、プロバイダ料金の場合は、あくまでもFX取引に利用しているという点が重要で、遊びとして利用しているような場合には、認められない可能性もあります。

さらに、投資のためには情報を仕入れる必要がありますが、経済新聞などを利用して仕入れた場合、それも経費として認められる可能性があります。書籍も同様のことがいえますので、FXの取引のために購入した書籍があれば把握しておくとよいでしょう。パソコンを購入した場合もFXに利用するものなら、経費として認められる可能性があります。