FX 初心者はロスカットを覚える

FX 初心者はロスカットについて学んでおくべきです。ロスカットというのは、投資家を保護するための仕組みになっていますので、FX 初心者だからこそ覚えておく必要があります。

ロスカットというのは、証拠金が一定以下になると、自動的に強制決済されてしまうというものです。それ以上の損失を防ぐために行う措置になっていて、これを知らなければ、不意に決済されてしまう可能性があるのです。ロスカットを防ぐためには、余裕を持った投資が必要になってきて、証拠金維持率が下がってきたら、必要に応じて入金してやる必要があります。また、証拠金維持率が一定以下になると、業者から注意のメールなどが届き、ロスカットされたくない場合には、追加証拠金を求められます。追加証拠金を入金することによって、証拠金維持率が高まりますので、ロスカットの可能性を少なくすることができます。

さらに、余裕を持った取引をするためには、レバレッジをかけすぎないというのも大切です。レバレッジを小さめにしておけば、ロスカットされてしまう可能性が少なくなりますので、最大レバレッジぎりぎりのような取引をするのだけは避けておきたいところです。自らが注意するだけで、ロスカットの可能性はずいぶん少なくなります。